キャプチ3454ャ



 

 

  • DDホールディングス(3073)の株価予想
  • DDホールディングス(3073)株の買い時
  • DDホールディングス(3073)の株の分析
  • 同業種の銘柄と比較
  • まわりの予想
  • 総合評価
  • 買いを検討してる人へアドバイス

をまとめました。

 

DDホールディングス(3073)の株価予想!今後どうなるか?

コロナショックで株価は急落しているが、徐々に株価は上がっていく

キャプ345チャ5月現在、株価は900円代です。コロナショックで2020年4月に最安値617円を記録してから徐々に上がりつつあります。コロナショック前の株価は1500円前後であったことから、順調に経済が回復していけば、株価も1000円代まで回復していくでしょう。

 

  • 2016年から2020年まで売上高、営業利益、経常利益は増加傾向にあるので、成長が見込める。

公式HPより、経営状態も2016年〜2020年にかけて良好です。売上高、営業利益、経常利益は年々増加していて、株価の値上がりも期待出来ます。

 

DDホールディングス(3073)株の買い時

コロナショックから順調に立ち直るのであれば、買い時は今。

キャプチ567ャ

コロナショックにより株価は約半分になっています。飲食業界自体が、コロナショック前に戻るのであれば、2020年5月900円台の今以上の買い時はありません。

 

ただ飲食業界がコロナショック前に戻るかどうか、今後どうなるかという判断は非常に難しいです。

 

DDホールディングス(3073)の株の分析【2020年5月18日現在】

配当金はいくら?配当利回り

配当金については、平均値以下。

キャプ5643チャ

DDホールディングスの配当金は下記のようになりますが、全体的に日経平均より低いです。

株価指標 目安
配当金 13.5円(2020年2月期)
配当利回り 0.98%(予想)
配当性向 12.7%(2019年2月期)
  • 配当利回りについては、日経平均より低め。

日経平均の配当利回りは、2.40% であるのに比べ、0.98%と低めです。

 

配当利回りとは、株価に対して、年間でどれだけの配当を得られるかを表した数字です。要するに、株式の配当のコスパです。

 

  • 配当性向も、日経平均より低め。

日経平均の配当性向は、約30%であるのに比べ、12.7%とまた低めです。

 

配当性向とは、純利益から、配当金をどのくらい支払ったかを表しています。 配当性向が高いほど、その企業は配当金に利益を多く回したということになります。 これらからDDホールディングスは、配当金を求める投資家には向かないと言えるでしょう!

 

株主優待の内容

  • 配当金と違い、株主優待は優秀

キャプ56788チャ

配当金は、日経平均以下でしたが、株主優待はお得です。 概要は以下のようになります。

保有株数 株式優待の内容
100株 DD POINT:6,000POINT、もしくは株主ご優待券:6,000円
600株 DD POINT:12,000POINT もしくは株主ご優待券:12,000円、もしくはお米5kg
1,200株 DD POINT:24,000POINT もしくは株主ご優待券:24,000円、もしくはお米10kg
6,000株 DD POINT:36,000POINT もしくは株主ご優待券:36,000円、もしくはお米15kg
12,000株 DD POINT:48,000POINT もしくは株主ご優待券:48,000円、もしくはお米20kg

10万円以下で株主優待をもらうことが出来る

100株から株主優待をもらう事が出来ますが、2020年5月現在、株価は900円代ですので、10万円以下で株主優待をもらう事が出来ます。

 

株主優待が人気な企業の、すかいらーくホールディングスやオリックスは株主優待をもらうには10万円以上かかってしまいます。DDホールディングスはお手軽に株主優待をもらえる企業だといえます。

 

優待利回りは6.25%と優秀。

コロナショックにより株価が下がった事で、優待利回りは上がりました。優待利回り6.25%というのは、ほかの食事券を扱う株式と比較しても非常に優秀です。先にあげた、すかいらーくホールディングスが3.46%ですので、その優秀さが分かるでしょう。

 

株価指標

株価指標を見ると、900円台の株価(2020年5月現在)は割安

キャプチ6778ャ

割高、割安を判断する株価指標から、株価は割安だとわかります。

株価指数 目安
PER 9.61倍
PBR 1.66
ROE 22.5%
自己資本比率 18.2%
  • PER(株価収益率)は日経平均より低め。

 

PERは日経平均が12.55倍に比べ、9.61倍と低めです。

 

PER(株価収益率)とは1株あたりの純利益の金額に足して、今の株価が何倍なのか?という指標です。 PERの数値が高いと割高で、低いと割安です。DDホールディングスの今の株価が、日経平均と比べて割安であると言えます。



 

  • 自己資本比率は低め

一般的に自己資本比率が30〜40%以上であれば、倒産しにくい企業と言われてますが、18.2%と低めです。 自己資本比率が低いと、借入金に依存している経営を行っているため不安定だと言えます

 

同業種の銘柄と比較

 

  • 人気飲食業株のすかいらーくホールディングスと比べると、割安。優待利回りはお得。

キャ34566プチャ

食事券のもらえる人気株、すかいらーくホールディングスの株価は1600円代と、DDホールディングスの方が割安なため、手軽に株主優待を楽しめます。

 

優待利回りについてもDDホールディングスの方が高いので、DDホールディングスの運営している飲食店をよく使うのであれば、こちらの方がお得でしょう。

 

  • 食事券のもらえるクリエイト・レストランツ・ホールディングスと比べると、配当利回りは高く、優待利回りは低い。

 

同じ飲食業で、人気のあるクリエイト・レストランツ・ホールディングスは、配当利回りは0.41%、優待利回りは8.13%ですので、 配当利回りはDDホールディングスが高く、優待利回りはクリエイト・レストランツ・ホールディングスの方が高いです。

 

株価は722円とクリエイト・レストランツ・ホールディングスの方が安いので、株主優待を始めやすいと言えます。

 

しかし業績については、DDホールディングスのように右肩上がりではないので、注意深く動向を伺う必要があります。

 

DDホールディングス(3073)株のまわりの予想

 

買い予想の声

 

  • バリュー株ではないですけどDDホールディングス今週買いました。
  • 10万円くれたらDDホールディングスの株買うわ
  • DDホールディングスも思わず買ったけど、近所にお店あるんかなw

 

 

売り予想の声

 

  • DDホールディングスとか、飲食業はコロナで厳しそう。
  • DDホールディングス、資金の借り入れしてて、先大丈夫なんかな。

 

 

DDホールディングス(3073)の総合評価

  • 配当金以外は言うことなし。優待利回りも良く、最低資金もお手頃。

キャプチ7878ャ
配当金以外は、どれも高水準です。100株から株主優待がもらえますが、10万円以下とお手頃です。

  通信簿
業績
配当金目当て ×
優待目当て
割安
同業種との比較
将来性

 

業績について

年々業績は上がっている。しかし飲食業のため、コロナショックのダメージがすごい

キャプチャ567

公式HPを見るに、年々業績上がっています。ただコロナショックにより、間違いなく2020年の業績は下がってしまいます。ここから無事に持ち直すか、飲食業全体に注目していきましょう。

 

配当金目当ての投資

配当利回りは日経平均より低い。配当金目当てであれば、他の株式を検討

配当金利回りは0.99%と、日経平均より低いです。配当金目当てであれば、他の株式を購入した方が良いでしょう。

 

優待目当ての投資

優待利回りは、日経平均より高い。優待がもらえる最低金額も低い。
回りは6.25%と、日経平均より高いです。優待利回りについては、高い区分に入っているので配当目的で購入をお勧めします。また10万円以下で、株主優待が貰えるので、初めての株式投資にもお勧めです。

 

割安かどうか

株価指標から読み取ると、株価は割安だと言える

株式が割安かどうかを判断する基準、PER(株価収益率)は、日経平均より高いので割安ではあります。株価が下がれば、PERも下がり、株価が上がれば、PERも上がるといった変化をします。

 

同業種との比較

同業種の人気株と比べても、優待利回りは高い

キャプチ35242ャ

飲食業、人気株主優待ランキングに名を連ねる企業と比較しても、優待利回りは比較的高いです。一番の注目は、業績が右肩上がりで成長していることでしょう。コロナを乗り越えてしまえば、株価の値上がりを期待することができます。

 

将来性はあるか

コロナショックで、ダメージを負っているのは確実。これからの立ち上がり次第。

2020年5月現在、コロナショックで飲食業は軒並みダメージを負っています。これを乗り越えられれば、コロナショック以前の業績は右肩上がりなので、将来性はあります。

 

買いを検討してる人へアドバイス

キャプ35チャ

  • 高い優待利回りに、始めやすい価格なので、とりあえず株主優待を楽しみたい人におすすめ

日経平均を超える優待利回り、10万円以下で株主優待が貰えるというのが最大の特徴です。とりあえず株主優待を始めたい人へおすすめです。

 

コロナショック以降の株価は不明確。リスクを減らすために分散投資がおすすめ

DDホールディングスに関わらず、飲食業の未来はコロナショックで不明確なので、リスクを減らすために分散投資をしましょう。 コロナショックにより、飲食業の株価は極端に下がっています。DDホールディングスだけではなく、飲食業の株価がこれから回復していくという保証はありません。

 

まとめ

 

  • 業績は順調。しかしコロナショックにより株価は下がっている。
  • 今後の株価の行方はコロナショックからの回復が重要。
  • 配当金は日経平均より低い。優待利回りは日経平均より高い。
  • 株価指標から判断すると、株価は割安。
  • 同業種と比較しても、優待利回りは高い。